スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初雪の今年の10大ニュース第1位

初雪の今年の10大ニュースのトップに輝いたのはこちら!



第1位:実習終了!




はい、いきなり始まりました。
えー、こんにちは私です。初雪です。

私とリアルで関わりのある人ならこの結果は予想できたのでは
ないでしょうか。

第2位に小説関連のことがきたということは、1位はこれ以外に
ないだろうと思うはずです。




……実習、大変でしたね(´・ω・`)





実習に関する記事を書くと言いつつ、実はあまり触れていなかった
気がするので、この機会にちょっと書いておきたいと思います。


ご存知の通り、私がこれまで行って来たのは介護実習になります。
要は、身体や脳になんらかの病気を持ったせいであまり自由に動けなく
なった方たちを相手にする、介護職に就くためのものですね。



で、始まりは大学一年生の六月……じゃ、ないわ。

私、その時風邪ひいたんで、八月に実習×2という地獄の夏休みを
過ごしたんだった(´・д・`)



ええ、実習ってのは「勉強させてもらいに」それぞれの施設に行く
わけですから、当然、職員の指示には絶対に従わなければなりません。

これは当然のことで、私たちにも不満はありません。


が、それとは別に、いろいろありましたね~。

利用者、その施設にいる高齢者の人たちにことですが、利用者に対して
私たち実習生から見てもあまりにも酷い対応をしている職員もいました。

一回目の実習でまさか排泄介助をやらされるとは思ってもいませんでした。

二回目の実習でまさか記録の時間が滅茶苦茶多くもらえて、実習記録に
書くことがなくなるとは思いませんでした。

三回目の実習でまさか、個人的に職員に呼び出されて実習について指導
されるとは思いませんでした。

四回目の実習でまさか、ボランティア室に放置されたまま、職員がいつに
なっても呼びに来ないという事態になるとは思いませんでした。

五回目の実習ではまさか施設とGHの雰囲気が違っていたとは!と驚かされ
ました。

六回目の実習では三回目の実習に再び行くことになって、あれほど実習前に
鬱々とするとは思いませんでした。

七回目の実習ではまさか午後からまるまる記録の時間に当てられて、一体
なにをしに施設に行っているのか分からないという状況になるとは思いも
しませんでした。







はい。適当に書きましたが、どの実習の大変だったのは事実です。
なれない場所に放り出されて、休むこともできないし、慣れないことを
やらされるし……。男も女も関係なく、他人の尿やら便やらを何度も見る
ことになりましたし、裸だって数え切れないくらい見てます。

今ではもうそれが当たりまえになっていて、最後の実習では職員に
「この人任せるから」とオムツ交換を結構一人でやってた記憶があります。


ああ、それから、夜勤もやりましたね~。
私、かなり酷い頭痛を普段から薬で押さえつけてるので、どうなるものかと
思いましたが、なんとか乗り切っています。




実習なんて、正直、もう行きたくありません。

だって、大学生って、普通は遊んだり、自分のやりたいことを一生懸命
勉強したり、趣味に打ち込んだりする場所でしょ?
なんで夏休みや春休みの半分近くを実習で潰されてるんですか……。

しかも、最初の実習なんて入学して二ヶ月経つか経たないかって時に
もうあったんですよ?

普通に考えて、せめて半年くらいはしっかり勉強してから行くべきだと
思いません?







と、いろいろ愚痴は出てきますが、やりきった今だからこそ、思えることも
当然あります。

実習に行ったことで、本当にいろんな経験をさせてもらうことができました。
小説にだって活かせてますし、今ではむしろ途中で投げ出さないで最後まで
やって良かったと思ってます。



こうして、言葉にして表せない、現場の雰囲気とか、高齢者と関わる時の
話し方とか、いろんなことを学びました。もちろん、主目的である介護技術も
結構上達したのではないかなと思っています。まあ、そりゃ毎日そこで
働いている職員さんたちには決して敵いませんが。

職員さんたちの手際は半端じゃないです。
何週間かやったくらいで追いつけるものではありません。

ちなみに、腰やら足やら痛める人が多いのも本当によく分かります。
たったあれだけの人数であんなに多くの人相手にしてたらそりゃ大変だって。
介護の仕方というか技術の方も人によって違うし、介護用具もまだまだ現場
には行き渡っていません。

もっと、支援すべきことがあるのではないかと。









とは思うものの、先日、先生にこんな話を聞きまして。

国家資格である介護福祉士を取った人たちが集まる協会?みたいのが
あるそうなんですが、そこに入っている人が全体の5~10%くらい
しかいないとかなんとか……。
国に予算おろせのなんだのって言ってても、それしか人数がいない団体に
予算おろせって言われても、国としてはむしろ「なんでそれだけしか加入者
がいないような団体に?」ってなりますよねー。

社会福祉とか、医療系の団体はもっと人数がいるみたいで、介護の方は
なにしてんだという……。

給料が少ないとかなんとかって言って騒ぐだけ騒いで、その原因の一つが
自分たちにあるということに気付いているのかどうかというね。



職員さんたちが日常の業務に頑張っているのは事実です。
人手が足りないのも事実です。

ただ、もっと社会的に、というか、訴えていくべきではないかなーと思ったり。
そのためにはまず、一致団結することが必要なわけで。









……実習関係ねえ(´・д・`)








まあ、とにかく、そんなわけでいろんなことを学びました!



今年はいろいろありましたが、トップに輝いたのは実習終了!です。




おそらく、今年中はもう更新することはないと思います。




では、皆さん良いお年を~ヽ(*´∀`*)ノ
スポンサーサイト

初雪の今年の10大ニュース(4)

皆さんこんにちは。あともう少しで今年も終わりですね。

第4位のヴァイス関連の話題が終了しましたので、今回は第3位と
第2位
の発表に移りたいと思います。



っとその前に。告知していた通り、ヴァイスの対戦動画撮って、うp
した
ので、良かったら見てください。前編だけ貼りますので、後編は
各自で見てくださいな(・ω・)/


上条さんVSPhantom




シャナVSシャナ








はい、では、本題の方に入っていきます。

今年の10大ニュース第三位はこちら!




第3位:さくら荘のペットな彼女との出会い


いえ、出会ったのは去年の話なのですが、そういう意味ではありません。

本当に好きになったのは、と言い換えても良いでしょうか。


今年に入ってすぐ読んださくら荘の第六巻
これが本当に素晴らしかったです。お守り代わりにいつでもカバンに
入れて持ち歩いています(笑)
実習とか、雨が降ってる日とかでも持ち歩いてるので、既にかなりぶよぶよ
です。すっごい傷ついてます。あ、ちゃんと保存用でもう一冊ありますよ?


まあ、どうしてこれがここまで大きなことなのかと言いますと、何年ぶりか
分からないのですよ。私の中の第1位である「さよならピアノソナタ」と
並ぶ、もしくはそれ以上という作品に出会ったのは。

さよならピアノソナタは素直に、読み終わった後、登場人物たちに「良かったね」
と言えた作品で、読了感が素晴らしかったのを今でも覚えています。また、
作者である杉井光さんは自身も音楽が好きらしく、作中に音楽用語が頻繁に
使用されています。登場人物も、私が一番好きなキャラ、神楽坂先輩が登場し、
これはもう何年経っても揺るがないだろうとすら思っていました。



ところが、そこに風穴をあけてくれたのがさくら荘というわけです。

さくら荘は「なにかを頑張っている」もしくは「なにかに必死に取り組んだこと
のある人」」にとっては本当に共感できるし、楽しめる作品になっています。
六巻の美咲先輩と仁さんの卒業式は一旦、本をおかなければならないほど涙が
出てきました。

それぞれの登場人物が全員、分野は違っても必死になってなにかに取り組んでいる。
例えば恋愛であったり、夢であったり、誰かに追いつくためだったり、それは
登場人物それぞれで違いますが、とにかく頑張っているということは伝わって
きます。

そんなものを見せられると、今現在、私は小説を一生懸命書いているところ
ですが、「自分も頑張らなければ!」と思うのですよ。


毎回のようにさくら荘を読んだ後は「遊んでいられない!」と火をつけられた
のを覚えています。



さくら荘は現在、空太をめぐるましろVS七海の恋愛物語が終了しました。

まあ、この恋愛に関しても、空太もましろも七海も、全員が必死に、頑張っていて
もうハーレムエンドでもいいから全員幸せになれよ!と思ってしまうほどでした。

とにかくそんな感じで、今年気になった作品といえばさくら荘!という
感じでした。


六巻のみで言えば、私の中でナンバーワンに輝いています。
本当に良い内容だと思いました。



そんな感じなので、今年の第三位は「いろんな作品との出会い」から外れて、
単独でさくら荘にあげることにしました。

本当に良い作品だと思っています。
アニメの方はましろのキャラ性は受けているようですが、やはり、見る人を
選ぶというか、そんな感じで、それほど人気は出ていないようですね……。

どこまでやるのか分かりませんが、2クールいくらしいので、ちゃんと見たいと
思います。







第2位:小説頑張る!




第2位は安定の小説関連です。
今年も小説、書きましたよ~。一年生の時より実習がすくな……いや、
今年というくくりで見れば多くなってるのか?

とりあえず、そんな中でも頑張って書いてました。
完結した長編小説の文字数を合わせると40万字越えます。たぶん、推敲
やらなにやらで書いた文章を消したりしてますし、短編もいくつか書いて
ますので、そういうのも全部合わせると50万字くらい書いているのでは
ないでしょうか。


とはいえ、そんな文字数はどうでもいいのですよ。

問題は、今年も結果が出なかった、でも、ある程度方向性は決まってきた
ということでしょうか。


「細井広人の不勝神話はいつまで続く?」と「たとえ記憶が消えたって×2」
の3作品を応募したものの、全て一次で落選

とはいえ、なんの収穫もなかったわけではありません。
たとえ記憶が消えたってを書き、それからこの間書き終わったばかりの
「始まりと終わりは永遠に」は自分でもそれなりの手ごたえを感じています。

この二つ(正確には三つ)は全て福祉(高齢者)に関することを話題に
した作品でしたが、自分の持てる知識をフルに活用して、とにかくできるだけ
分かりやすいように、読みやすいようにと工夫した作品です。

たとえ記憶が消えたっての方は、本題が二つあったというか、一貫性が
なかったような形になってしまい、読者の方から厳しい意見をもらいましたが、
「始まりと終わりは永遠に」は最初から最後まで「もうゴールはこうなるだろ」
というのが分かりきった設定したため、安定感が出ました。


次作も既に考えていて、それは福祉関連のものではありませんが、それでも
「始まりと終わり以下略」のように、しっかりと詰めて、最初から最後まで
きっちり描くことができたら結構面白い作品になるのではないかと思っています。



小説大賞で一次選考すら通らなかったのは正直ショックですが、たと消えは
そもそもラノベと言えるかどうか怪しいですし、あまり気にしないように
しています。

それに、読んでくれている友達から「良かった!」「新作できたら読ませて!」
と言ってもらえているのは本当に嬉しいです。
今年はそういう言葉がかなり聞けたため、モチベーションを必要以上に落とす
ことなく継続して書いていくことができたと思っています。




そんな感じで、今年も小説、頑張りました。











では、明日か明後日、最後に第1位を発表したいと思います。


今日はこの辺で~(・ω・)/

初雪の今年の10大ニュース(3)

はい皆さん毎度お世話になっております、彩坂初雪ですけれども、
私はただいまヴワル魔法図書館におりましてですね~。貸し出し
期間を延滞したというほんの些細な咎によりまして図書委員に……



(☝ ՞ਊ ՞)☝




改めまして、どうも、初雪です。
さくら荘の感想が途中で入りましたが、引き続き、今年の10大
ニュースを書いていきたいと思います。


今日は6位と5位の発表になります。


では、早速いっちゃいましょう!






第6位:PSPのいろんなゲームをやる




今年はいろんなゲームをやりましたね~。


まず、挙げたいのはモンハン2ndgです(`・ω・´)


え?今更?と思う方もまあ、多いでしょうが、別に私が選んだ
わけではないのでしょうがない(苦笑)

モンハンを結構やっているリア友曰く「モンハン3dは正直、
簡単すぎて、パーティーでわざわざやる必要がない」とのこと。

で、その結果、やり始めたのが2ndgだったというわけです。

最初は正直乗り気でなかったんですが、やり出したら止まらない。
極めてる人に比べればまだまだでしょうが、300時間以上は
軽くやってます。
ちなみに、そのうちの三分の一、100時間くらいは友達と
やってます。


学校の空き時間や、放課後、暇な時にやると楽しいんですよねー。
今年はとにかく、学校で暇な時間があるとなるとずっとモンハンしてた
イメージがありました(・ω・)/





そして、忘れちゃならないのがギャルゲです!

マギウステイルから入って、ちょくちょくやってました。
最近ではクル☆くるやってましたかねヽ(*´∀`*)ノ


いやー、ゲームでここまで泣かされたのは初めてでした。

特に、クル☆くるのロロット√は号泣しました。あれは本当に
良かった。演出の仕方というか、ストーリーというか、とにかく
泣かされたの一言に尽きます。

マギステや77はイラストがとにかくすごく私好みでしたし、内容も
良かったです。一番印象に残ってるのはセーラ√かな?自分自身も
含めた誰からも認められる一番になりたいっていう彼女の気持ちは
かなり共感したのを覚えています。
データ整理してる際に77のセーブデータ消してしまったのは秘密。







あと、プレイ時間で言えば武装神姫はかなりやりましたね。

レベル上げがとにかく大変で、1回クリアした後にあんな便利なモノが
手に入ると知った時は本当に「今までの苦労は……(´・ω・`)」と
なったのを覚えています。

それから、ストライクウィッチーズもやりましたし、ネクプラもたまに
やりたくなると今でもやってます。

今年だけで一体どのくらいPSPをいじっていたのか、数えてみると
面白いかも(笑)



ま、そんなわけで、もはや生活の一部となっているPSPをいじる
ということを第6位に入れさせてもらいました。

おそらく、来年もモンハンはやるんじゃないかなー……。
あと、ギャルゲもちょいちょいやってくかも(*´∀`*)


では、次に行きましょう!







第五位:いろんな作品との出会い




もう、これは鉄板というか、いつになっても私の10大ニュース
からは抜けることがないような気がします。

ただ、去年と若干違うことは、今年はアニメ作品の方を多く見ました。
本の方はあまり新作とはめぐり合ってないですね。

ちなみに、今年観た(読んだ)作品と言うと……


・戦姫絶唱シンフォギア
・魔法少女リリカルなのは(劇場版)
・Fate/Zero
・魔法少女まどか☆マギカ(劇場版)
・ギルティクラウン
・Another
・めだかボックス
・未来日記
・化物語
・偽物語
・コードギアス反逆のルルーシュ
・トータル・イクリプス
・黒子のバスケ
・氷菓



この辺がぱっと思いつくものですかね~。
ラノベは継続して読んでたというのがほとんどなので、今年
初めて出会ったというのはほぼゼロですかね……。

あ、さくら荘は単独で10大ニュース上位に食い込んでますので、
そのうち出ます。なので、今日はカットします(・ω・)/




さて、この中でまず、印象が強い作品というと……


・Another
・Phantom



この二つですかね……やはり。

アナザーは実写で映画化されてたっぽいですが、正直、
観る気がしませんでした(苦笑)

いや、ね?観た人ならわかるだろうけど、これ、びっくりするほど
死亡フラグ立てまくって、しかもその通りに本当に死んじゃうからね。

うん、これは他のアニメとは別格で印象に残ってます。


それから、Phantomの方ですが、これは知らない
人が多いのではないかなーと思ったり……。

やってたのは結構前なんですが、なんとなく観てみたら、これも
かなり印象に残りました。
この作品以上に悲惨な最期を迎えたものを私は知りません。
主要登場人物が最後に二人も死んで、それまでに何人死んでるか
分かったもんじゃない。
ただ、私個人の意見としては、あのラストは結構好きですね。
Phantomみたいな話で、最後だけハッピーエンドとかにされても、そりゃ
良かったねとは思うけど、お前ら人殺しまくって自分たちだけ幸せになる
とかそれどうなん?と感じていたと思います。あれはあれで良いラスト
だったんじゃないかな、と思います。




そしてそして忘れちゃいけないのは


魔法少女たちの快進撃です!


まどマギは最近の作品で人気も出てましたから、映画化されても納得
ですが、なのはが再び劇場版で帰ってきたのは嬉しかったですね~。

ストライカーズの分もやるのかなー?とちょっと期待したり……。

私はなのはもまどマギもどっちも好きな作品なので、どっちも
劇場でちゃんと観ました(`・ω・´)


なのはは泣かされましたね~。ザフィーラがラストの一斉攻撃の時に
ちゃんと見せ場があったのも感動した。ヴィータがはやてのために
ぼろぼろになりながらも頑張るとことか、フェイトとがアリシアと
決別するシーンとか、リインフォースが消える場面とか、とにかく、
すっごい泣かされました。
紅白で奈々様が主題歌歌うみたいですし、絶対観ようと思います。


あ、それから、忘れちゃいけないのが、


魔法少女リリカルなのはVivid


ですね。漫画ですが、うん、素直に「すげえ!」と思った作品です。
ここまで熱いバトルものは他にないと断言しても良いくらいの素晴らしい
作品だと思っています。
ミウラVSミカヤさんから始って、どれも熱戦ばかりで先がすごく
気になってます。



あと、気になったというか、挙げるべき作品はやはり、化物語&偽物語
でしょうね。
これは、アニメとして、物語として、すごく驚いたのを覚えています。
魅せ方が上手いな~と思って観ていました。

本当は小説の方も読んでみたいんですが、金がかかるというか
なんというか……。




まあ、全ての作品で思うことはあったので、解説しても良いのですが、
さすがに長くなりそうなんでここらで切ります。


とにかく、今年もいろんな作品と出会って、いろんなことを勉強させて
もらいました。


ということで、第五位にランクインです。






さて、と。



次回、ヴァイス年末総当り大決戦!の結果を
報告したいと思います。


まだ終わってませんが、終盤戦に入っているので、そろそろ
終わります。
もしかしたら驚きの結果が……?という状況です。



では、今日はこの辺で失礼します(・ω・)/

初雪の今年の10大ニュース(2)

はいどーも初雪です。
前回の更新より案外間が空いておりませんが、予定通り、
私の2012年10大ニュースを続けていきます。


今回は8位と7位の発表ですね。



では、早速いきましょう(`・ω・´)









第8位:友達を自室へ入れる


見る人のよっては「え?それがどうかした?」ということ
でしょうが、私にとっては結構大事だったんですよね、これ。

自室に家族以外の人を入れたのは実に10年ぶりくらいでして、
つまりは私がいろんな危ない(?)趣味に目覚めたり、
その他私物を大量に購入し始めてからは初めてだったんですよ。


まあ、もちろん、そういう理由もありましたし、それから私の
自室は物凄く大切にしている本やらなにやらがありますので、
自室へ入れる友達は当然、選んでます。
勝手に部屋にあるものをいじるであろうと思ってしまう人や、
それほど親しくない人は決して入れてません。

「私の部屋に入れた=信頼されている」と思ってもらっても構わない
くらいです(`・ω・´)


で、なんでそんな自体になっているのかというと、その一つに
家族間での暗黙の了解があるからですね。
小学生の頃から親に「親がいる時以外は友達を家に入れるな」との
お達しがありまして、それがなんとなーく今でも続いているのですよ。

さらに、もっと言うと、私の部屋は姉の部屋と扉一枚を隔てている
だけ
なので、もし姉がいる時に勝手に呼んだりすると、すっごく迷惑
かけるんですよね……。仲の良い姉弟ならまだ良いのかもしれません
が、あいにく、私の兄妹はかーなーり、酷い仲なので、不用意に
そういうことができないのですよ。


その結果、友達を呼ぶ時には親と兄姉の了解がいるという面倒くさい
事態になってます。

そういうことを考えると、やはり自室に友達を入れたというのは
かなりビッグニュースで、私の中ではこの順位になりました。



そんなわけだから、私の部屋に入れたそこの君、実は家族の中で
相当大きな話題になっているのだよ(笑)





では、第7位に参りましょう。





第7位:ニコ動での色んな出会い



あ、変な意味じゃないですよ?
私がどんどんネット世界にのめり込んでいて、友達が少なく
なっているとか、そんな意味じゃないですよ?……たぶん(ぇ


まあ、いろいろあるんですが、まずはこれをどうぞ。




※初音ミク役に注目!







これ聞いた瞬間に鳥肌&すごっ!って思いました。
初音ミク役、柿チョコさんです。
ニコ動の歌い手さんの一人ですね。

他の歌い手さんたちも、もちろん上手いなーとは思ったのですが、
私の中では柿チョコさんが飛びぬけました。

で、その後、柿チョコさんの歌っている曲を何曲も聞いているうちに
完全にファンになっちゃった、と(笑)




ただ、それだけじゃありません。
柿チョコさんとはリアルでも買い物に行ったりする仲
(ニコニコ大百科より)というびびさん(びびあんぬさん)
素晴らしい歌声の持ち主でして……。
このお二方は私の好みにすごく合った歌声なんですよね……。




これは最近、公開された曲ですが、そのお二方が歌っているものです。
良かったらどうぞ。





え?どっちがどっちだか分からないって?
あまいあまい。

そんなあなたにこれもどうぞ(笑)





まあ、うん。私も最近やっと、なんとなーく分かるように
なってきたという程度なんで、まだまだなんですけどねww


とにかく、最近ではアニソンやボカロに混じって柿チョコさん、
びびさんの歌っている曲も聞いています。




これだけじゃない!



ニコ動での出会いはその他にもありました。

その名は、山ちゃん!

私がよく観に行っている生主さんです。
ツイッターでも相互フォローしてまして、割と絡んでます。

私のことをリア友以外で「せつなさん」としっかり呼んでくださっている
数少ない方です。

だいたいは「はつゆきさん」なので(苦笑)
別にもう慣れたので、あまり気にしてませんが(´◉◞◟◉`)



山ちゃんは絵描きさんです。
割と最近はじめたばかりということなのですが、結構上手いです。

生放送での語り方がすごく好感がもてますし、コメントにゆったり
ゆっくり、でもしっかり答えてくれます。あと、ノリも割りと良いです。



そんな感じで、楽しく放送見させてもらってます(・ω・)/





あとは、細かく言えばヴァイス関連のものや、ボカロの新曲、
それからアニメのMADなど、いろんな動画やイラストに
出会ってます。

ちなみに、静画の方で、蝉時雨さんという方のイラストが好きすぎる。


私の男の娘好きを見出してくれたのはこの方です!(ぇ



そんな感じで、私の日々の生活をより、楽しいものに変えてくれた
ニコ動に感謝!てことで、この順位ですヽ(*´∀`*)ノ







さて、何故この時間にこれを書いているのかと言いますと、
例のヴァイスの強化カードが届くまでの時間潰しだからです。


今日からついに始ります。


年末ヴァイス最強決定戦!



そんなわけで、今日はこの辺で。
次はいつになるかな?

初雪の今年の10大ニュース(1)

皆さんこんにちはヽ(*´∀`*)ノ
私です。最近ヴァイス関連か、読書感想等しか記事を書いていなかった
ので、随分久しぶりな気がします。


さて、今日は2012年に私が体験したことベスト10のうち、10位と
9位をまとめたいと思います。

去年も年末にやったことですが、一応、特別企画扱いになります。
時間のある時にやっておかないと、いつ更新できるかわからないので、
まだちょっと早いですが、どんどんやっていきます(・ω・)/



では、早速いきましょう(☝ ՞ਊ ՞)☝










第10位:結婚式に行く



はい、これが入りました。今年のいつだったでしょうか。
五月か六月か、もう随分前になりますが、とにかく結婚式に
行って来ました。

私の叔母さんに当たる人の結婚式だったのですが、これがなかなか
衝撃的というか、良い影響を受けました。


特になにがあったわけでもありません。本当に家族内だけでの、
規模としてはごくごく小さな結婚式だったので、わーわー騒いだとか、
お祭り気分だったとか、そういう感じではなかったです。

ただ、すごく印象に残っているのは、叔母さんと、その相手の方の
表情
ですね。もう、これ以上ないくらい幸せそうで、見ているこっちも
幸せな気分になりました。


私はこれまで結婚式というものに参加したことがなかったので、最初は
正直「面倒くさい」と思っていました。場所が家から車で三時間ほど
するところでしたし、授業もありましたので、気が進みませんでした。

しかし、参加してみたら、素晴らしいもので、きて良かったと心から
思いました。

まあ、その叔母さんと私はかなり仲が良いんですよ。高校時代には特に
世話になっていたので、その影響もあると思います。親しい人だからこそ、
心からお祝いしたいと思えたのでしょう。

今現在、どうも、嫁、姑の関係がうーんという感じで、なかなか大変そうに
しておりますが、私の家の家族なんかと比べればまだ可愛いものでしょう(ぇ


とにかく、私は結婚式というものに初めて出て、憧れのようなものを
抱きました。年をとってから結婚式に出ると焦りを感じる人の気持ちも、
なんとなく分かる気がします。

また、こうして実際に体験したことで、小説や、誰かと話す際の話の
種にはなりました。小説では今のところ、結婚式なんて書くことありませんが、
いつか、そういうシーンを書くことになった際には参考にさせてもらいたいと
思っています。




そんなこんなで、とても良い刺激を受けたため、10位にランクインさせて
もらいました。






第9位:20歳になる



うん、これは入れなきゃダメだと思った。
今日だって選挙行ってきましたし。
お酒飲めるようになりましたし。

まあ、社会的な責任も同時に発生するようになりましたので、
若干、げんなりしなくもないですが。

これについては特にエピソードがあるわけではありません。

ただ、20歳になったということに大きな意味があるのではないかと
思っています。

いや、年末の家族での忘年会で皆で飲めるようになったとか?
友達間での飲み会に堂々と参加できるようになったとか?
たまに酒買ってきて飲んでるとか?

そういう楽しみがないわけじゃないですけど?(←全部酒のことや


ああ、ただ、私、アルコールに強いわけではありません
むしろ、かなり弱い方です。もともと、あまり酔ってなにかをしたり、
なにかを忘れようとか、そういう気持ちがないものですから、多少
ふんわり酔う程度でやめることが多いんですよね。
顔にも出やすいタイプで、すぐ赤くなります。必要以上に酔いたくない
ので、むしろ顔にすぐ出てくれるのは嬉しく感じているのですが。

友達とかと飲みにいって「お前酔ってないだろ」とか言って飲まされるの
だけは勘弁して欲しいので。



……て、何故酒の話になっているwww


とにかく、そんな感じでめでたく(?)20歳になりましたよ、と。



以上です。






さて、と。




年末ヴァイス最強決定戦やります!




先に言っちゃいますと、10大ニュースの中にもヴァイス関連の
ものが含まれていまして、その時に一緒に発表できれば良いなと
思っています。

いつも通り、総当たり戦形式で行います。


参加デッキは、前回の上位戦に参加し、ある程度の結果を残した
デッキと、それから前回は不参加だったけど、対人戦等でそれなりの
結果を残しているデッキになります。


参加デッキは以下の通り。



杏さやデッキ
AWデッキ
クリスデッキ
Phantomデッキ
静流チアデッキ
ギルクラデッキ
シャナ(器)デッキ
葉留佳奈デッキ
動物デッキ
ツヴァイウイングデッキ




明日か明後日にこのうち7デッキを強化するカードが届きます。
今まで枚数不足だったカードや、新しくデッキに組み込むカード
など、かなりあります。

それがどんな結果を導くか。

年末前には決着をつけてお知らせしたいと思いますので、ご期待
ください(((ฺ≧▽≦)ノ彡☆




では、今日はこの辺で。
プロフィール

彩坂初雪

Author:彩坂初雪
小説家を目指す社会人。
誕生日は9月8日。
性別は♂

アニメ、ラノベ好き。

好きな小説は
・レインツリーの国
・さよならピアノソナタ
・ひぐらしのなく頃にシリーズ
・花×華
・C3-シーキューブ-
・ココロコネクトシリーズ
・さくら荘のペットな彼女
など。
好きなアニメは
・CLANNADシリーズ
・リトルバスターズシリーズ
・マクロスF
・SHIROBAKO
・魔法少女リリカルなのはシリーズ
・戦姫絶唱シンフォギア
・ストライクウィッチーズ
・アイドルマスター
・アイドルマスターシンデレラガールズ
など。
以下、他に読了&観了した作品(途中までしか読んでないのもあるけど)。

~ライトノベル~
・涼宮ハルヒの憂鬱シリーズ
・半分の月がのぼる空
・剣の女王と烙印の仔
・しにがみのバラッド。
・ラプンツェルの翼
・神様のメモ帳
・撲殺天使ドクロちゃん
・ドラゴンパーティ
・火目の巫女
・クリス・クロス
・想刻のペンデュラム
・インフィニティ・ゼロ
・イリスの虹
・神様の言うとおりっ!
・マギ・ストラット・エンゲージ
・カクレヒメ
・ミステリクロノ
・リリスにおまかせ!
・アクセル・ワールド
・灼眼のシャナ
・天国に涙はいらない
・メグとセロン
・鋼殻のレギオス
・ラノベ部
・ガンダムSEED
・ガンダムSEEDDESTINY
・Kaguya
・藤宮十貴子は懐かない
・よめせんっ!
・Kanon
・マテリアル・ゴースト
・R-15シリーズ
・シオンの血族
・みにくいあひるの恋
・緋弾のアリア
・断章のグリム
・バカとテストと召喚獣
・天川天音の否定公式
・ゼロの使い魔
・僕は友達が少ない
・ダブルアクセス
・アルテミス・ハウリング
・付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います
・ドラゴンブラッド
・楽聖少女
・ビブリア古書堂店の事件手帖

~アニメ~
・DEATH NOTE
・涼宮ハルヒの憂鬱
・スパイラル~推理の絆~
・灼眼のシャナⅠ期
・灼眼のシャナⅡ期
・学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
・るろうに剣心
・いちばんうしろの大魔王
・半分の月がのぼる空
・Kanon
・AIR
・Angel Beats!
・ガンダムSEED
・ガンダムSEEDDESTINY
・ガンダムOOⅠ期
・ガンダムOOⅡ期
・聖痕のクェイサーⅠ期
・聖痕のクェイサーⅡ期
・けいおん!
・けいおん!!
・Fate/staynight
・Fate/Zero
・アスラクライン
・アスラクライン2
・迷い猫オーバーラン
・とある魔術の禁書目録Ⅰ期
・緋弾のアリア
・花咲くいろは
・とある科学の超電磁砲
・Myself;Yourself
・IS<インフィニット・ストラトス>
・ヨスガノソラ
・BLOOD-C
・神様のメモ帳
・咲-Saki-
・咲-Saki-阿知賀編
・咲-Saki-全国編
・魔法少女まどか☆マギカ
・C3-シーキューブ-
・僕は友達が少ない
・僕は友達が少ないNEXT
・ギルティクラウン
・いつか天魔の黒ウサギ
・DOG DAYS
・DOG DAYS’
・ロウきゅーぶ!
・めだかボックス
・Another
・未来日記
・そらのおとしものf
・境界線上のホライゾン
・化物語
・偽物語
・猫物語 黒
・氷菓
・黒子のバスケ
・アクセル・ワールド
・11eyes
・コードギアス反逆のルルーシュ
・コードギアス反逆のルルーシュR2
・Phantom
・トータル・イクリプス
・さくら荘のペットな彼女
・中二病でも恋がしたい!
・ソードアート・オンライン
・妖狐×僕SS
・ロボティクス・ノーツ
・ラブライブ!
・ビビッドレット・オペレーション
・凪のあすから
・ログ・ホライズン
・D.C.Ⅱ
・D.C.Ⅲ
・機巧少女は傷つかない
・のんのんびより
・ぷちます
・革命機ヴァルヴレイヴ
・桜Trick
・ヨルムンガンド
・極黒のブリュンヒルデ
・ノーゲーム・ノーライフ
・ニセコイ
・ブラック・ブレッド
・ノブナガ・ザ・フール
・トリニティセブン
・ご注文はうさぎですか?
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
・TARI TARI
・東京マグニチュード8.0
・進撃の巨人
・魔弾の王と戦姫
・四月は君の嘘
・Charlotte
・終わりのセラフ
・艦これ
・ちはやふる
・バクマン。

~漫画~
・スパイラル~推理の絆~
・るろうに剣心
・武装錬金
・いちご100%
・初恋限定
・神のみぞ知るセカイ
・ドラゴンクエスト-ダイの大冒険-
・封神演技
・シャーマンキング
・ハーメルンのバイオリン弾き
・Mr.FULLSWING
・電影少女
・犬夜叉
・こちら葛飾区亀有公園前派出所
・魔人探偵脳噛ネウロ
・ドラベース
・D.gray-man
・烈火の炎
・東京アンダーグラウンド
・ひぐらしのなく頃に
・ヱヴァンゲリオン
・火の鳥
・蟲師
・遊戯王
・HELLSING
・ハヤテのごとく!
・そらのおとしもの
・シェリル~キス・イン・ザ・ギャラクシー~
・魔法少女リリカルなのはvivid
・魔法少女リリカルなのはForce
・セキレイ
・OZ
・めだかボックス
・ロウきゅーぶ!
・マケン姫っ!
・黒子のバスケ
・未来日記
・満月をさがして
・緋弾のアリアAA

~美少女系ゲーム~
・はつゆきさくら
・この大空に、翼をひろげて
・星織ユメミライ
・花咲ワークスプリング
・花色ヘプタグラム
・天色*アイルノーツ
・LOVESICK PUPPIES
・BaldrSky
・マギウステイル
・77(セブンズ)
・ティンクル☆くるせいだーす
・Rewrite

~好きな声優~
・桐谷華
・長谷川明子
・高垣彩陽
・中原麻衣
・茅野愛衣

~好きなキャラ~
・あずま夜
・星井美希
・前川みく
・リュドミラ・ルリエ
・姫城あげは
・ジークリンデ・エレミア
・藤咲真乎
・エーリカ・ハルトマン
・絢瀬絵里

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。