スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣野カユラ

前置きはしません。

ハヤテのごとく!32巻の剣野カユラと三千院ナギ、ハヤテの
会話を載せます。







カユラ「アドバイスが…欲しいと言っていたな。だったら、アドバイスを一つしてやる」


ナギ「……え?」


カユラ「読者が読みやすいように、セリフを少なくしろ。回想を減らせ。誤解の生じる表現は避け、読み手が混乱しないようにしろ。そして老若男女誰でも最後まで読めるよう細心の注意を払い、物語を簡潔に描け」


ハヤテ「そ…そういうやつですよ!!ルカさんはそういう指摘をされて読みやすい漫画を――」


カユラ「なーんて…アドバイスを聞くな」


ハヤテ「え!?」


カユラ「そんな常識的な方法で、一兆部売れる漫画が描けるわけがない。……自分の面白いと思うものが、全然通じないと言っていたな。……だから常識的な方法論を求める。誰かに正解を聞きたくなる」


カユラ「ぬるい。非常識な夢が常識的な方法で叶うと思うな」


カユラ「前人未到の大地に行くのに、案内役などいるわけがない」


ナギ「だけど…誰にもわかってもらえないし…」


カユラ「恐れを抱いて、夢を下方修正するな。人の顔色をうかがって漫画を描くな。どんな時でも自分を信じて、これが面白いんだと言いきれ」


ナギ「その自分が、信じられなくなってきたら?」


カユラ「努力しろ。努力は、迷いなく自分を信じるために行うものだ」


カユラ「有象無象の言う事に耳を貸すな。雑音にいちいち心を揺らすな。孤独を恐れて光にすり寄るな。他人のものさしで自分の大きさを測り直すな。味方がいなくなっても気にするな。ざわめく声がうるさいなら、もっと大きな声で黙らせろ。世界の中心はここだと教えてやれ」


カユラ「ねじふせろ。すべてを。それが…お前の目指している漫画だよ」








えー、まあ、うん。
なんというか、もう、感動の一言ですよ(´・ω・`)


この中では漫画になってますけど、これって小説でも
十分通じることだと思うんですよね……。


いや、そりゃ、ある程度の技術は必要だと思いますよ?
描写技術なんかは特に、どれだけ良い設定や内容で
あっても、日本語になっていなければそこで終わり
ですしね。




ただ、それらの条件をある程度クリアしているのなら、カユラの
言葉は本当にその通りだと思います。


結局、誰でもが分かるような作品っていうのは万人受け
するもので、つまりは王道っぽくなってしまいがちですから。


本当になにか大きな目標、夢があるなら、他人の意見など
知ったこっちゃないと、自分の感性、自分の発想を信じて
とことんそれを突き詰めてみることが大切なんじゃないかと
思います。


そして、そのためには努力することが必要です。


他人の言葉というのは非常に嫌なもので、自分が信じたもの、
自分が良くできたと思うものを一発で粉砕してくれます。


もちろん、そういうやり取りの中で見えてくるものもある
でしょうが、それを気にしすぎると、自分に自信が持てなく
なってきちゃうんですよね(´・ω・`)

どんなものを書いても、ここがダメだとか、ここはつまらない
とか、そういう風に言われて最後には自分には才能がないと
書くこと事態をやめてしまう。



だからこその努力です。


自分はこんなに頑張っている。
お前らの言うことなんぞ参考程度のものでしかない。
自分の意見の方が正しいんだ!

そんな風に胸を張って言えるようになれたら、すごいと
思います。

他人の意見は他人の意見。
意味がないわけじゃないけど、それを取り込みすぎると、
自分の味がなくなってしまう。

そこをきちんと理解し、自分の発想、努力を信じる。







まあ、ぶっちゃけ、初雪も結構揺れてるんですよ


いつも自信あります、みたいな雰囲気で「小説家目指してます」
とか言ってるけど、不安で不安で仕方ないです。

何度自分には才能がないと思い知らされたか、考えるのも
馬鹿らしくなるくらいいろいろ経験してます。

リア友や、ネット内で他人の作品を読んだ時や、作家さんたちの
作品を読んだ時など……。

自分じゃこんな風には絶対書けないと何度も思ってます。


努力してるって言っても、それが実るかどうかなんて分からない
もんですから、「こんなことしてるくらいなら、ちゃんと勉強して、
資格とか取って、良い職に就いた方が良いんじゃないか
」って
結構普段から思ってます。




普段は、まあ、隠してるんですよ。

自分の夢はこうなんだっ!って声高に言ってないと、
どこかで諦めてしまいそうで……。





ただ、カユラのセリフ見て、元気でました。


来週から始まる実習が終わったら、すぐ執筆活動再開
したいと思います。


自分が面白いと思うものを、とことん貫いた作品を
書いてみたいと思います。


どれだけ吹っ飛んでても、どれだけ滅茶苦茶でも、
これが自分の面白いものだって言えるような作品を
書いてみたいです。



今までの作品は、やっぱりまず最初に読者のことを
考えていて、『自分に合う作風』とかは見つけてきましたけど、
『自分が面白いと思う作品』にはなってなかった気がしますし。



今まで、ちゃんと書き始めてからそういう作品って書いたこと
なかったと思いますし。



そのためには、まずプロットをちゃんと作らないと。


そんでもって、自分が面白いと思う作品とはどんなものなのかを
はっきりさせないと。



ネトゲにはまってる場合じゃない(`・ω・´)

頑張りますよー。






では、ガチな話になりましたが、今日はこの辺で~。
スポンサーサイト

努力するということ

どうも。前回の更新から大分間が空きましたね(´・ω・`)



生きてます。



初雪です(・ω・)/





さて、新作の方ですが、



二万五千字突破です!



いやー、最近、執筆速度が異常なほど速くなって
いてびっくりです。

授業が楽になったらこうなるだろうなー、とは
思ってましたが、自分でもびっくりです。





で、ですね。

自分の語彙数のなさに愕然としております(´・д・`)



「言う」「見る」「向く」「言葉」「ため息」「話す」
などが滅茶苦茶多い。

使う語句が非常に少ないんですよ……。



そんでもって、また描写技術向上訓練に、と初雪が
一番気に入っているさくら荘のペットな彼女六巻
ペン片手に読み直していたんですが。


七海オーディション落ちて、空太も失敗した後。
雨の中、七海が泣くシーンで。






報われない努力に意味はあるのか?





という問いを見て、答えを出せない自分がいることに
気付きました。


いや、意味がないわけない、とは思うのですよ。

ただ、即答できないんですよね……。


何故か。



初雪自身が報われるかどうかも分からない努力を積み重ねている状況だからです。



初雪は現在、一ヵ月半に一作品ペースで執筆を
続け、なにをするにしても「小説のネタになる!」
とか考えて行動してます。


もちろん、息抜きとかもしてますが、なにを
するにしても小説が中心にあることは事実です。





現在、初雪はとにかく大学卒業までに賞を取りたい
と思っていますが、それが叶わなかったとき、
どう感じるかと思うと……。


報われない努力に、本当に意味はあるのか。


その問いにぶつかってしまいます。


それを乗り越えた後なら、きっと報われなくても
努力したこと、頑張ったことに意味はあったんだ
と思えるでしょうけど、今はまだ無理です。




努力すればなんでもできる、なんて思ってませんし、
自分には才能がないとも思ってます。



他の人の作品を読むと、ホント、自信がなくなります




でも、それで目を背けることだけはしないつもりです。



努力したことが、頑張ったことが報われなかったとき、
自分がどう考えるかなんて分かりません。


たぶん、泣くでしょうし、ひょっとしたら小説関連から
離れてしまうかもしれません





けれど、それは未来に話。


今を頑張らなければそもそもそんな問いにぶつかることは
ないでしょうし、そんな問いがあるからといって頑張らない
理由にはなりません。





努力することから目を背けるのは簡単です。

すごく楽になると思います。

好きなこともできるでしょう。

ゲームやらなにやらをして遊ぶことだってできるでしょう。



だけど、それは逃げでしかないと初雪は思います








現在、リア友たちが授業を切るというような話を
していますが、初雪はどうしても素直に頷けません。


プライドの問題ですね……。


自分でもやるって決めて、始めたことなのに、
めんどくさいとか、つまらないとかいう理由で
放り投げるなんて、自分を堕落させてるだけだと
思うんですよ。





そりゃ、初雪だってめんどくさいし、やめたいし、
小説書く時間が増えるんですからやぶさかでは
ありません。


でも、なーんか、嫌なんですよね(´・ω・`)








ま、どうするかはしっかり悩んで考えていきたいです。





とりあえず、小説の方はしっかり打ち込んでいきたいです。



二万五千字突破とか言いつつ、あと数百字で三万字に
到達します。



今のところ、描写を除けば良い感じに進んでいるかと。



そして、小説家になろうで公開してる、
天に光が燈るまで』の評価ポイントが
結構上がってるのに驚いてます。







ま、そんな感じで終わります。

最近、真面目記事ばっかですみません。


ではではー、東方にはまりはじめてる初雪でした。





コメ返しは続きを読むからどうぞ!

新作頭の整理

新作、書き終えました(`・ω・´)






ただ、まあ、あくまで書き終わった、だけなんですよ。


てことで、見る方はつまらないかもしれませんが、
初雪の頭の中を整理します。


今回書いた新作の中で欠けている点、悪い点、修正する
べき点
をどんどん挙げていきます。



それでも読んでくださるという方がいたらありがたい
です。

メモ帳代わりにしてしまってすみません(´・ω・`)







①結局なにを描いているのかはっきりしない

ぶっちゃけ、自分で書いててこれはなにをどうしたい
作品なのか分からなくなった。
途中までは暴力を振るうとはどういうことなのか、をテーマに
しようと思ったのですが、設定を考えたらそれは違うの
ではないかとどんどんズレて……。

努力』がテーマになった気がします。
もちろん、その中の一部として暴力がどうとかってのを
入れるのはありでしょうが、はっきり言って意味不明。

もっとはっきり、しっかり書かないと。



②努力がテーマなのに努力シーン&努力の結果が
よく分からない


①のように、努力がテーマになったのですが、その説明
というか登場人物たちの動きというか、そういうものが
まるで見えてこない。
努力がテーマなら、もっとストーリー構成を考えて読者に
伝わるようにしなければならないと思う。



③登場人物たちの個性があやふや

一人、はっちゃけたキャラを除いて他全員がよく分からん。
今回辛い感じになる2人はまだ良いとして、他の登場人物が
Sだと言ってるのにそれを見せるシーンがなかったり、
主人公に至っては本当に謎。
ただ、物語の主人公してますって感じかな。

もっと各キャラの個性を際立たせるイベントなり会話なりを
どこかに入れたり、もしくは省いたりしないとダメだと思う。



④出だしが微妙すぎる

プロローグはまだ良いと思うのですが、本編が始まってから
5ページくらい、なんの変哲もないただの会話と説明シーン
なんですよ。

なにか遊びというか、読者を引き付ける要素を入れないと
初めの段階で絶対に躓く。



⑤一つの作品としては内容が重い

今回、スポットが当たるのは登場人物の半分以上なんですよね。
そういうストーリーで、視点変更なども取り入れてできる
限り工夫したつもりなんですが、読者がどのくらい理解できるか
すごく疑問。
四人分の過去話や、学園の特殊な設定、それに世界観の説明等
かなりいろいろありますからね……。
この辺をどうするかは考える必要がありそうです。



⑥描写技術のなさ

今作の要ともなる最初から全力の戦闘シーンが上手く
書けている気がしない。
特に、グロ系の描写。今回は殺し合いではないものの、
死を意識させるような描写が何回かは確実に必要に
なるんですが、それがよく分からない。

どうにかして身につけないと、読者に伝わらないどころか
自分でも納得できないし理解できない。









あげるとキリがありませんね(´・ω・`)




うん、まあ、普段他の人の作品を偉そうに批評
してるからって自分が上手く書けるわけない
という話ですよ。


いつも自分が他の人の作品を見る時に考える視点で
自分の作品を見るとこれが面白いくらいにダメ
なんですよね……。





こういうこと書くと自信喪失してしまうのですが、
しょうがないというかなんというか……。



ま、頑張れば良いんですよ!












さて、話変わって、今日も実は友達とヴァイスしてた
わけですが、




明日もやる予定あるのでそれが終わったら結果書きます!




明日やる友達は割りと本気でやってる友達なので、
張り切っていきたいと思います(`・ω・´)







ではでは、今日はこの辺で~。






コメ返しは続きを読むからどうぞっ!

俺が書きたいのはっ!

俺が書きたいのは、


熱いバトルものなんだっ!!!!



と、まあ影響されちゃいました。


魔法少女リリカルなのはVivid六巻
読みおわりました(*´∀`*)


いや、もうすごいっすねー。




こんな熱いバトルものって、他には
武装錬金くらいしか思いつかない……。


キャプテンブラボーとカズキとの戦いは
ホント凄かったからな(`・ω・´)




もちろん、vividの強みというのはあると
思います。

魔法少女リリカルなのはシリーズがアニメ
としてあるおかげで初っ端からキャラの
説明なしで戦闘に入っていけましたし、
世界観がそもそもすっごい良い。


こんな形でバトルやられたらそりゃ熱くも
なりますて……。
作風が俺好みなんですよね(*´∀`*)








で、改めて思ったのは、俺が書きたいのは
バトルもので、しかもvividみたいな熱い
感じのものなんだ、と。




細井広人の不勝神話以下略はそれを目指した
作品だったわけですが、どうだったかなぁ……。



たぶん、今書いてる四星術の設定(世界観)と、
細井広人以下略のノリを混ぜると良い感じに
なる気がするのですが……。




ぶっちゃけ、これは俺個人の意見なんですが、
熱いバトルものって1対1じゃないとダメだ
と思います。



四星術書いててすごく思いました。

もちろん、自分の技量不足はあるかと思いますが、
それでも熱くなりきれない。

集団戦には集団戦の良さがあります。

むしろ、今まで自分が求めていた
皆でなにかを成し遂げる物語を書きたい
というのは集団でなにかすることでしか
成り立ちません。

しかし、最近、どうも「熱いバトルものが書きたい
という欲求の方が強くなってきて、しかも
そちらの方が自分には向いてる気がするの
ですよ。






集団戦というのはどうしても、団体であるが故に
皆の意見が一致しないといけません。

特に、戦いモノであれば、なおさらです。

チームワークがなければ集団戦など
成り立ちませんからね。

それが楽しいというのはもちろん分かります。

スポーツものの大半はそうですから。

初雪が好きな小説の大半もそれです。




ただ、その反面、個人の意志の強さ
どうしても隠れてしまいがちです。

もちろん、それを補うために通常、
集団戦でも誰か一人にスポットを
当てて書かれることが多い
ですが。



けれど、初雪は思うのですよ。

いくら一人の登場人物にスポットを
当てたところで結局は団体での勝利
じゃね?
と。






そこへいくと、1対1のバトルでは、完全に個人の
意志を強く全面に出せます。


自分の信念、貫きたい想い、どうしても
こうしたいんだという気持ち。



そういうものがもろに伝えられると思います。



Vividはその最たる例かと。

チームと言いつつ、結局は個人戦で、誰もが
自分の想いを持って試合に臨んでいる。

これは集団戦では出せないと初雪は思います。





な・の・で!




次作からは個人戦に切り替えます!

現在、推敲作業に移ろうとしている四星術(仮)で、
集団戦でどこまで熱いバトルを書けるか挑戦して、
その上で個人戦をもう一度書いてみたいと思います。





自分の中では細井広人以下略はかなり良い線まで
いってたと思うのですが、それでもまだ足りない。

感想で「完成度の高いバトルもの」という言葉を
もらいましたが、それじゃあダメなんです。


これほど熱いバトルものは見たことがない!

って読者に言わせたい!






とにかく今は四星術(仮)の完成度を高めると
同時に、どこまであの設定で熱いバトルにもって
いけるか挑戦します。










……て、ことで、明日実習のレポート出しに
行くと一段落つきます。


なので、小説のいろんな作業を再開させられるかと。


新二年生のオリエンテーションが四月四日と
早いのがすっごく嫌なんですが(´・ω・`)


実習がなければなぁ……。









ではでは!


今日はこんなところでっ!

小説家になろう

初雪の
自信がガリガリ
削られる






皆さん元気ですか?

今日盛大に滑って転んで腰打って
痛がってる初雪です。






さて。
ツイッターの方、そしてブログの左側を
見ていただければ分かるかと思いますが、
小説家になろう』というサイトに登録
しました。



ここでは、どこかへ投稿して落選した
作品や、量が膨大すぎて小説大賞へ
送れない作品など、とにかくいろいろな
作品がアップされてます。







初雪も、とりあえず、初めて小説大賞へ
投稿した『壮絶!学校間バトル!』を全部
あげて、それからこの間MF文庫へ投稿
した『ブルースターズ』をちょくちょく
あげてく予定です。






このブログを見てくださってる方の中で
初雪の小説を読んでみたいという方が
何人かいらっしゃったと思いますが、ようやく
その要望に応えることができました。




あ、一応言っときますけど、どちらの作品も
自分で読み返すとかなり直すとこあるの
分かってる作品なので、読む場合はあまり
期待しないでください。
あえて投稿した時のまま載せてるので。











で、このサイトに投稿されてる作品の中に、
GAやらMFで一次、または二次選考突破した
作品とか、いろいろあって、
少し読んでるんですけど、



自信なくなります!



このレベルで一次選考突破かよ……と、
昨日はかなりがっくりきてました。





いや、まあ分かってはいましたけど。

初雪は文才ないですし。

ただ、実際に実力の差を形にして見せられると
へこむというか、ショックというか……。








ただ、今書いてるものに関しては
自分の中では割と良い感じなのでは?
と思ってます。

最近ようやく『考えて書く』ということを
身につけたので。

今までは感覚で書いてたとこありましたし。






とりあえず、負けないように頑張ります!






まあ、その前に学校のレポートやらテストやら
いろいろ出てきてるので、そっちを優先して
やらなきゃなんですが。


ああめんどくさい(´・ω・`)





では、今日はこんな感じでー。


ランクリよろしくお願いします!
プロフィール

彩坂初雪

Author:彩坂初雪
小説家を目指す社会人。
誕生日は9月8日。
性別は♂

アニメ、ラノベ好き。

好きな小説は
・レインツリーの国
・さよならピアノソナタ
・ひぐらしのなく頃にシリーズ
・花×華
・C3-シーキューブ-
・ココロコネクトシリーズ
・さくら荘のペットな彼女
など。
好きなアニメは
・CLANNADシリーズ
・リトルバスターズシリーズ
・マクロスF
・SHIROBAKO
・魔法少女リリカルなのはシリーズ
・戦姫絶唱シンフォギア
・ストライクウィッチーズ
・アイドルマスター
・アイドルマスターシンデレラガールズ
など。
以下、他に読了&観了した作品(途中までしか読んでないのもあるけど)。

~ライトノベル~
・涼宮ハルヒの憂鬱シリーズ
・半分の月がのぼる空
・剣の女王と烙印の仔
・しにがみのバラッド。
・ラプンツェルの翼
・神様のメモ帳
・撲殺天使ドクロちゃん
・ドラゴンパーティ
・火目の巫女
・クリス・クロス
・想刻のペンデュラム
・インフィニティ・ゼロ
・イリスの虹
・神様の言うとおりっ!
・マギ・ストラット・エンゲージ
・カクレヒメ
・ミステリクロノ
・リリスにおまかせ!
・アクセル・ワールド
・灼眼のシャナ
・天国に涙はいらない
・メグとセロン
・鋼殻のレギオス
・ラノベ部
・ガンダムSEED
・ガンダムSEEDDESTINY
・Kaguya
・藤宮十貴子は懐かない
・よめせんっ!
・Kanon
・マテリアル・ゴースト
・R-15シリーズ
・シオンの血族
・みにくいあひるの恋
・緋弾のアリア
・断章のグリム
・バカとテストと召喚獣
・天川天音の否定公式
・ゼロの使い魔
・僕は友達が少ない
・ダブルアクセス
・アルテミス・ハウリング
・付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います
・ドラゴンブラッド
・楽聖少女
・ビブリア古書堂店の事件手帖

~アニメ~
・DEATH NOTE
・涼宮ハルヒの憂鬱
・スパイラル~推理の絆~
・灼眼のシャナⅠ期
・灼眼のシャナⅡ期
・学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
・るろうに剣心
・いちばんうしろの大魔王
・半分の月がのぼる空
・Kanon
・AIR
・Angel Beats!
・ガンダムSEED
・ガンダムSEEDDESTINY
・ガンダムOOⅠ期
・ガンダムOOⅡ期
・聖痕のクェイサーⅠ期
・聖痕のクェイサーⅡ期
・けいおん!
・けいおん!!
・Fate/staynight
・Fate/Zero
・アスラクライン
・アスラクライン2
・迷い猫オーバーラン
・とある魔術の禁書目録Ⅰ期
・緋弾のアリア
・花咲くいろは
・とある科学の超電磁砲
・Myself;Yourself
・IS<インフィニット・ストラトス>
・ヨスガノソラ
・BLOOD-C
・神様のメモ帳
・咲-Saki-
・咲-Saki-阿知賀編
・咲-Saki-全国編
・魔法少女まどか☆マギカ
・C3-シーキューブ-
・僕は友達が少ない
・僕は友達が少ないNEXT
・ギルティクラウン
・いつか天魔の黒ウサギ
・DOG DAYS
・DOG DAYS’
・ロウきゅーぶ!
・めだかボックス
・Another
・未来日記
・そらのおとしものf
・境界線上のホライゾン
・化物語
・偽物語
・猫物語 黒
・氷菓
・黒子のバスケ
・アクセル・ワールド
・11eyes
・コードギアス反逆のルルーシュ
・コードギアス反逆のルルーシュR2
・Phantom
・トータル・イクリプス
・さくら荘のペットな彼女
・中二病でも恋がしたい!
・ソードアート・オンライン
・妖狐×僕SS
・ロボティクス・ノーツ
・ラブライブ!
・ビビッドレット・オペレーション
・凪のあすから
・ログ・ホライズン
・D.C.Ⅱ
・D.C.Ⅲ
・機巧少女は傷つかない
・のんのんびより
・ぷちます
・革命機ヴァルヴレイヴ
・桜Trick
・ヨルムンガンド
・極黒のブリュンヒルデ
・ノーゲーム・ノーライフ
・ニセコイ
・ブラック・ブレッド
・ノブナガ・ザ・フール
・トリニティセブン
・ご注文はうさぎですか?
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
・TARI TARI
・東京マグニチュード8.0
・進撃の巨人
・魔弾の王と戦姫
・四月は君の嘘
・Charlotte
・終わりのセラフ
・艦これ
・ちはやふる
・バクマン。

~漫画~
・スパイラル~推理の絆~
・るろうに剣心
・武装錬金
・いちご100%
・初恋限定
・神のみぞ知るセカイ
・ドラゴンクエスト-ダイの大冒険-
・封神演技
・シャーマンキング
・ハーメルンのバイオリン弾き
・Mr.FULLSWING
・電影少女
・犬夜叉
・こちら葛飾区亀有公園前派出所
・魔人探偵脳噛ネウロ
・ドラベース
・D.gray-man
・烈火の炎
・東京アンダーグラウンド
・ひぐらしのなく頃に
・ヱヴァンゲリオン
・火の鳥
・蟲師
・遊戯王
・HELLSING
・ハヤテのごとく!
・そらのおとしもの
・シェリル~キス・イン・ザ・ギャラクシー~
・魔法少女リリカルなのはvivid
・魔法少女リリカルなのはForce
・セキレイ
・OZ
・めだかボックス
・ロウきゅーぶ!
・マケン姫っ!
・黒子のバスケ
・未来日記
・満月をさがして
・緋弾のアリアAA

~美少女系ゲーム~
・はつゆきさくら
・この大空に、翼をひろげて
・星織ユメミライ
・花咲ワークスプリング
・花色ヘプタグラム
・天色*アイルノーツ
・LOVESICK PUPPIES
・BaldrSky
・マギウステイル
・77(セブンズ)
・ティンクル☆くるせいだーす
・Rewrite

~好きな声優~
・桐谷華
・長谷川明子
・高垣彩陽
・中原麻衣
・茅野愛衣

~好きなキャラ~
・あずま夜
・星井美希
・前川みく
・リュドミラ・ルリエ
・姫城あげは
・ジークリンデ・エレミア
・藤咲真乎
・エーリカ・ハルトマン
・絢瀬絵里

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。